本会から誕生した化学療法および分子標的薬の最新知見を基に作成したプラクティスマニュアルです。こちらより、PDFファイルをダウンロードしてご利用ください。

 愛知キャンサーネットワークは、愛知県内の各医療機関のメディカルスタッフ(医師、薬剤師、看護師、検査技師、歯科衛生士、事務等)の情報交換と情報共有を行うなかで、標準的ながん薬物療法を遂行できる体制を構築すること、 また、臨床研究や臨床試験を行って新たな治療や支持療法を開発すること、そして、その成果を学会・論文・ホームページ等で発表して適正ながん診療の推進を行っていくことを目的に活動しております。さらに、がん診療 に関する一般の皆さんの理解を深めてもらうため、がん診療に関する市民公開講座(県民公開講座)開催など各種啓発プログラムも随時実施して、一般の皆さんへの啓発も進めております。


2017/03/05 
第7回県民公開シンポジウム「いつまでも食べる楽しみを支えたい~最後のひと口をあなたはどこで?」を開催!
詳しくはこちら
2017/02/26 
「高額化するがん治療費を考える- 新薬は患者の希望の光か、国を滅ぼすパンドラの箱か -」(*事前申込み優先(当日参加可))を開催!
詳しくはこちら
2017/01/14
「第5回痛みについての勉強会~麻薬認定教育薬剤師への期待」(*事前申込み必要)を開催!イベント報告を更新しました.
詳しくはこちら
2016/11/19
「がん患者のための外見のケア アピアランスサポートセミナーあいち2016」が開催!
詳しくはこちら
2016/11/17
「遺伝性腫瘍について学ぼう!」を開催!
詳しくはこちら

お知らせ一覧へ