代表理事挨拶

ご挨拶

 愛知キャンサーネットワークは、愛知県内の各医療機関のメディカルスタッフ(医師、薬剤師、看護師、 検査技師、歯科衛生士、事務等)の情報交換と情報共有を行うなかで、標準的ながん薬物療法を遂行できる 体制を構築すること、また、臨床研究や臨床試験を行って新たな治療や支持療法を開発すること、そして、 その成果を学会・論文・ホームページ等で発表して適正ながん診療の推進を行っていくことを目的に活動して おります。さらに、がん診療に関する一般市民の理解を深めてもらう必要もあることから、毎年がん診療に関 する市民公開講座(県民公開講座)等を開催して、一般の人への啓発も図っていきたいと考えております。

 わが国においてがん患者数は増加の一途をたどり、死因の第1位となって久しく、今では国民の男性の2人 に1人、女性の3人に1人は生涯のうちがんに罹患し、3人に1人はがんで亡くなる時代になっております。国民病 ともいえるがんの死亡率を下げるためには、生活習慣の改善による予防、検診等による早期発見、治療成績向上 の三者が必要です。そのうち、治療成績向上には、手術、薬物療法、放射線治療の代表的な3つの治療法に関して、 均てん化の促進、従来の治療の精度向上、新治療技術・薬剤の開発と導入が必要です。
 近年のがん薬物療法の進歩には目を見張るものがあります。その背景として、臨床試験体制の整備、新規抗がん 剤による新たな標準的治療の確立、新たな支持療法の導入等に加えて、最も貢献度が高いのが、分子標的治療薬 の臨床導入であると考えられています。新規抗がん剤を安全かつ確実に行い、進歩著しい副作用に対する支持療法 を適正に行っていくこと、分子生物学の進歩とがんの発育・進展・転移等のメカニズムが解明されたことにより 創薬可能となった新たな分子標的治療薬を安全かつ適正に使用してくことこそが、現在のがんの治療成績向上に 大きく寄与するものと考えます。毎年のように新たな薬剤が臨床導入されているがん薬物療法やその支持療法に 関して、わが国では近年施行されたがん対策基本法を軸として、その適正化と均てん化を目指した取り組みが始 まっているものの、各医療機関における臨床現場ではマンパワー不足と情報不足等のために、きちんと実践できて いないのが現状です。

 その現状の中で、愛知キャンサーネットワークは、がん薬物療法の適正化と均てん化を推進していくことを 目的として、積極的に活動してまいりますので、ご活用いただければ幸甚に存じます。 なお、入会も随時受け付けておりますので、ご興味のある方ぜひご参加ください。


愛知キャンサーネットワーク 理事長
愛知県がんセンター中央病院 薬物療法部 部長
室 圭